髪の毛 抜ける

間違ったシャンプーのやり方だと髪を生やすどころか、逆に抜け毛を増やしてしまう可能性があります。ここでは正しいシャンプーのやり方とオススメのスカルプシャンプーを紹介します。

髪の毛 抜ける > シャンプーの正しいやり方

間違ったシャンプーのやり方だと髪を生やすどころか、逆に抜け毛を増やしてしまう可能性があります。ここでは正しいシャンプーのやり方とオススメのスカルプシャンプーを紹介します。

指の腹ではなく指の頭

シャンプーというと「指の腹で洗いましょう!」というのを聞いたことがある人が多いと思います。

こういう主張がでている背景として指の頭でゴシゴシと頭皮をこするようにやっている人が沢山いたからなんですね。

しかし、実際は指の腹を使っても駄目なんです。

腹を使っても洗ってしまっては新しい毛同士が擦れて抜けやすくなってしまうんですね。

髪を生やし、清潔な頭皮を保つために正しいシャンプーのやり方は

「指の頭を使ってマッサージをする」です。

「洗う」という表現もよくないですよね。

実際は頭皮をマッサージして、毛穴の奥の脂を絞り出すイメージです。

髪についた汚れなどはシャンプーをしっかり泡立てれば自然に落ちてくれます。

髪よりも頭皮、そして頭皮の奥の毛穴の脂を落とすようなイメージでシャンプーをやっていきましょう。

正しいシャンプーの手順

髪を生やすための正しいシャンプーの手順は以下の通りです。


1.お湯で予洗い

2.シャンプーをつけて洗う

3.しっかりすすぐ



1.お湯で予洗い

シャンプーをつける前にお湯を使って髪を洗いましょう。

これをするだけで髪や頭皮の汚れの70%は落ちます。

注意事項としては熱すぎないお湯でやることと、こすらないことです。

お湯の温度の目安としては38℃から40℃くらいです。

冬は少し寒いかもしれませんが、しっかりお湯に浸かれば温まるので髪や頭皮のためにはこのくらいの温度にしておきましょう。


2.シャンプーをつけて洗う

お湯で予洗いができたらシャンプーを使って洗っていきます。

シャンプーの量は使っているシャンプーの使用量を参考にしましょう。

シャンプーを手にとったら軽く泡立てて以下の順でマッサージしていきます。

首の付け根・生え際→耳の方→耳の上から頭頂部→前髪の生え際から頭頂部に向かって→つむじ周り→後頭部

これはリンパの流れにそっているので血行もよくなり、よりシャンプーの効果を得やすいんです。

そしてマッサージのやり方としては指の頭をマッサージする箇所に固定して頭皮を動かしていきます。

これを順々に位置を変えてやっていくことで毛穴の奥の汚れを絞り出すことができます。


3.しっかりすすぐ

シャンプーでマッサージをしたら最後はすすぎです。

目安としてはシャンプーでマッサージした2倍の時間をかけてすすいでいきます。

シャンプーが髪に残ってしまうと、それが元で頭皮があれてしまうのでしっかり落としましょう。

この時も髪をこすらないように優しくしっかり落としていきましょう。





























オススメのシャンプー

スカルプDは一番メジャーですよね。

ちょっと前はこのシャンプーでハゲが治ると思ってる人も多く、その後の流れで「スカルプD」使っても毛は生えないという認識が広まってきました。

しかし最近ではシャンプー自体に育毛効果があるものがでています。

具体的には「キャピキシル」という成分が含まれたシャンプーです。

薬品ぽい名前ですが、天然成分がベースで作られているので副作用の心配もありません。

スカルプDも最上位のものであればこの「キャピキシル」が含まれており、これ以外にも魅力的な成分が満載なんですが、唯一のネックがそのお値段。

なんと1万円もするんです。。

シャンプーだけで1万円はちょっとむずかしいですよね。

他にも育毛剤やサプリメントを使っていたら厳しい金額だと思います。


そこでオススメなのがharu黒髪スカルププロというシャンプーです。


haru黒髪スカルプ・プロ

これは一見女性用のシャンプーなんですが、男性が使っても問題ありません。

そしてキャピキシルも含まれているのでシャンプーしながら薄毛対策もできてしまうんです(^^)

こういったものも色々新商品がでてきていますが、現時点では一番コスパに優れたものですね。


haru黒髪スカルプ・プロを詳しく見てみる>>